福岡のKTM正規ディーラー スティーブモーターサイクルサプライ : carbon protecについて
トップページ >> パーツ通販 >> carbon protecについて

carbon protecについて

2009年4月19日(日曜日)開催の「イタリアンバイクミーティング」にてカーボンプロテックのブースを出店いたします。デモ車であるKTM RC8の他、カーボンプロテックを施工したホイールなどのパーツを展示する予定です。そのクォリティを是非お確かめ下さい。
イベントの詳細はコチラ>>

カーボンドライ社の独自技術「ハイブリッド成形」

アルミやステンレス、マグネシウムなど様々な素材表面にカーボンプリプレグを施行して、CFRP(ドライカーボン)を“ハイブリッド”形成させます。カーボンドライ“プロテック”はオリジナリティと付加価値を兼ね備えた全く新しいコンセプトです。CFRPが本来のマテリアルを保護する‘プロテクション’効果とマテリアルを補強して、デザイン性を飛躍的に向上させる‘テクニック’を合わせて“プロテック”と名付けました。
製品そのものにドライカーボンを直接施行するので、開発や型製作などが全く不要で単品からの対応が可能です。(カーボンドライ社サイトより引用)

ステアリングヘッド部分のフレームの継ぎ目もご覧の通りです。メーターやカウルのステー部分など必要ない部分はカーボンを施工していません。
カーボンフレームと言われても信じてしまう仕上がりです。
ホイールのリム部分もご覧の通り。
エンジンマウント用の穴の内側までくまなく施工されています。
ホイールのハブ部分もご覧の通り。
スポークの裏側まで施工されています。
 
このカーボンプロテックという剛性も向上させるという実用的な効果もあります。
施工するのはカーボンですので、重量増はわずか。
もちろん、高品質なカーボンで包み込まれたパーツの質感が飛躍的にアップすることは言うまでも有りません。

そして、このカーボンプロテックはパーツそのものにカーボンを直接施工するので、単品から施工可能。
(ただし、熱に耐えられる材質のみ施工可能となります)
今回のRC8に限らず、車種問わずあらゆるオートバイに施工可能ですし、クルマのホイールへのニーズも多いとのことです。

参考価格その他はカーボンドライ社のサイトにアップされていますので、ご参照下さい。

カーボンドライ社ウェブサイト

http://www.carbondryjapan.com/protec.html

カーボンドライ プロテックスタジオ

protecstudio
カーボンドライ・プロテックはカーボンドライ社が認定した
ショップのみ
で御取り次ぎをいたしております。
スティーブモーターサイクルサプライは、このカーボンドライ・
プロテックスタジオとして御見積りから納品までの業務を
行っております。 
 

カーボンドライプロテック御見積もりについて

カーボンプロテックは、パーツ一個から施工を受付することができます。
一般的なカーボンパーツのように数多く作らないととんでもないコストが
かかってしまうということはありません。
 
一方、何にでも施工できる反面、例えば一口に「ホイール」と言いましても
スポーク本数や形状(あるいはキズの状況など)様々な種類があり、施工の
手間が随分変わって来るため、「ホイール1本●●円」と決めてしまう事ができません。 
 
カーボンプロテック加工をご希望の方への御見積りは基本的に以下の要領で
御願いいたしております。

 

お客様より施工希望パーツの写真、サイズやキズの状況などの
基本データをスティーブまでお送り頂く(メールフォームはこちら)。
スティーブより御見積り金額をご返信いたします。
内容をご確認いただき、ご注文いただける場合は施工する商品を
ご持参または発送していただきます。
CarbonProtec施工作業開始
納品。

という段取りになっております。
 
 

ご注意

カーボンプロテックは高圧熱着という工程があるため、施工できる素材に制限があります。
熱に弱いプラスティックなどは施工できないほか、金属製品であっても状況によっては
施工できない場合がございます。ご了承下さい。
  
 
カーボンプロテックに関するお問い合わせは→コチラ
お電話:092-954-0013

無題ドキュメント